image

沖縄北部の名護で撮影。
撮影のときはアホ重たい道具を一人で抱えて行き、あっちこっちと小走りします。
撮影中は休みが無いのでノドが乾くし汗がボロボロ出てきまして、終了して車に乗り込むと一気に疲労感が襲ってきます。

でもあの心地良い疲れって、フォトグラファーの人はみんな好きっぽい。
無論俺も。

で、帰りに車を駐車場に停め、途中で宮城ストアに行ってビールを一本購入。

「今日も撮影帰り?」と訊かれ、「うん、今日は名護っす」と答える。

「すごいね、その重装備。どっかの戦闘員みたいさ」と言われた。


なので僕は咄嗟にこう返した。


「あはは、確かにそうすっね。でも…、言ってみればこれが俺にとってはマシンガンみたいなもんすから



(決まった…)と思った。



咄嗟に返した言葉にしてはなかなか良くやったじゃないか、山田このやろうと。

すると宮城さんはニコリと笑ってこう言った。



はい、ありがとー