ジュンク西村
毎年、年末のこの日は「今年は何か色々とあった年だなぁ」って思いながら、パソコンをパチパチとやるっていうのが毎年のお約束のようになっているような気がするけれど、まぁとにかく今年は特に色々とあった年だったなと思ってます。

その中で、やっぱり一番大きな出来事と言えば、「離婚」でしょう笑

まさか自分が離婚することになるなんてこれっぽっちも思わずにここ数年暮らしてきたけど、いろんなことがあって、結果、離婚っていう形を取ることになりました。 

そういう別れがあったのと同時に、「再会」ってのもとても大きな出来事でした。

広島にニコラス達がライブにしに来るってことで、3年か4年振りにまた1人で広島に行き、ニコラスの家に泊めてもらって上の写真のジュンクさんやニコラス達、広島のニコラスの仲間たち、それと電話やメールで何度もやりとりしていたので初対面って感じはまるでしなかったけど、なっちゃんとも会えたことはなんだかとても良かったなぁって思っています。

だってね、4月の21日とかに広島に行ったのよ。
もうそんな前だったんだなと思って、光陰矢の如し過ぎるべやとなんかちょっとふわっふわしています。

そして10月の末頃から1週間程北海道に帰省しました。
進藤さんの店に泊まらせてもらい、ブログで知り合った方と初めて会って飲んで記憶を無くし(←あほ)、中学からの友人たちと酒を飲んでへべれけになったりして、とにかく良い再会がとても多かったなと思っています。

そんで、その別れと再会があって、僕の中で色々と考え方みたいなものが結構大きく変わる部分もあり、自分に守るものが無くなったというこの状況だったり、10年振りくらいになんとなーく再読した小説の影響だったりってのもあって、「よし、もう一回日本を出るべし」と思うようになり、今はもう、その来年の海外移住に向けた準備を着々と始めているような状態です。

このところ思うんだけど、多分、人間には大きく分けて二つのタイプがいるんじゃないのかなと思っていて、それは「安定を求めるタイプ」と、「安定を求めているんだけど、なんか知らんけどいっつも不安定」っていう二つなんじゃないかなと思っていて、僕は恐らくその中で言うところの後者のタイプなんだろうなというのは薄々感づいていたので、なんかこう、悪い言葉で言えば破壊思考というか破滅思考というか、非生産的というか、刹那的なものに憧れを持ってしまうというしょうもない人間性が漏れ出て来て、いつも不安定さの中にいないとなんだか毎日が退屈になってしまって、僕は引越しを繰り返しているんじゃないのかなと他人事のように思ったりしています。

で、その海外移住ってのは前々から考えてはいたけれど、実行に移すにはいろんな物事をそれなりに緻密にやらなきゃいけないと思っていたんだけど、独り身になると結局はその土地で仕事して、とりあえず自分が食えれば良いっていうなかなか気楽なものなので、2017年から、というか明日から、僕は気持ちだけはもう海外に住んでいるような状態にして、今のうちから慣れてしまおうと思っておるわけです。

仕事は変わらず革の仕事と写真の仕事になるんだろうけど、革の仕事の場合、日本に送るとなると納期と送料の問題がかなり大きなウェイトを占めていて、それをどうクリアしていくべきなのかなと僕としては久々に頭を使って考えてみたんだけど、その中でわかったのは、「今と同じものを求めると、いろんなひずみが出てくるっぽい」って結果に落ち着いたので、次はターゲットを他に移す必要があるなと思っています。

革の仕事はなるべく、ヨーロッパ在住の日本人、及び現地の人。

写真の仕事は、ヨーロッパで結婚式を挙げる人や、そこに住んでいるご家族の家族写真をメインにしていこうと思っているので、その辺の集客をもう早い段階で始めておかないとこりゃ大変なことになるべと、怖いようなでもちょっと楽しみなような、前述の破滅思考みたいなものが僕を横からくすぐっているようなそんな状況だとお考え下さい。

とにかく2016年もいろんなものを作り、いろんな方々を撮らせて頂きました。
皆さま、本当にありがとうございます。

2017年、7月初旬にまずはドイツのウドの家に2週間程泊めてもらってから、その後フランスに向かいます。
ビザの問題もあるだろうから、多分フランスでの生活は3か月とかになるのかなと思っていて、その後ドイツに戻るか、スイス、オーストリア辺りのドイツ語圏に行くのかは全然決めてないです。

それよりも、あちらできちんと生計を立てられるかというのが一番大きい問題なので、 もし金が無くなって早々に帰ってきたら笑ってやってください。
もしあっさりと日本に戻ることになったりしたら、また工場とかで働いてヨーロッパに戻ろうと思っています。

今まで住んできた町の中で、一番しっくりきたのはドイツかフランスだったので、出来ればもうそろそろその辺のところで落ち着いて仕事をして、再婚して子供作るってのも良いんじゃないのかなぁって思っています。


ではでは予想通り多少長くなりましたが、皆々さま本年は、いや、本年も大変お世話になりました。

2017年もよろしくお願い致します。