美唄の革職人のブログ

北海道美唄市で革製品と陶芸と写真を撮って暮らしてます

うちの店⇒ アリノハネ
時々更新⇒ フィルムカメラのブログ

そんな飲んでないと思ったけれど

f:id:yamadakazufumi:20180114130541j:plain

昨晩はキャンベルと焼き鳥。
いやー、久々だねーって言ってたんだけど、キャンベル曰く再会は6年とか7年ぶりだったみたいで、あー、そうなの? 10年以上会ってないかと思ったよーあははと言って乾杯した。

そんで実はキャンベルもバツイチになっていたけど、今は違う人と再婚したんだよと言われ、えーって驚き、彼女は僕が会ってない頃もTwitterとかブログとかを読んでくれてたみたいでもうそこそこ僕が何していたかとか、どこに住んでいたってこともほぼ全て知っていて、「説明する必要ないから楽でしょ?」と言われ、まぁそうだねと返した。

あと、どうやら前々から薄々感づいてはいたんだけど、どうやら僕は「毎日酔っ払ってる」っていうイメージが多少付いているらしく、昨日なんてニッコリとした笑顔で「だって山ちゃん、アル中だもんね?」って言われ、「ちょいちょいちょい!アル中って!毎日酔っ払ってるだけだから違うよ」って言ったら、ふむふむと半笑いで返されて「あ、美味しいな焼き鳥」と話題は違う方向へ。

それとこれは昨日キャンベルに伝えて笑っていたんだけど、女性とメシを食いに行くとさ、必ずと言って良いほど「じゃあ、サラダは何にする?」と訊かれる。

いや、野菜は好きだし別に良いんだけど、女の人ってのはどうしてそんなにも男に野菜を食わせようとするんだ、と。

「俺は今日、焼き鳥を食うんだ」っていう肉の意識高い系の顔で焼き鳥屋に行くのに、何本か頼んだ後に必ず女の人ってサラダを注文するよね、正直言って俺はね、我らが聖地、焼き鳥屋で草なんか食いたくないんじゃと言ったら、「うん、わかったわかった。ラーメンサラダ? それともシーザーサラダ?」と訊かれ、僕ははっきりとした口調で「じゃあ、ラーメンサラダで!」と答えてしまい、なんかまた女の人に丸め込まれたぜとぐびぐびと酒を飲むキャンベルの横顔を恨めしそうに見てやりましたぜおほほのほ。

それからはもうずっとお互いに会って無かった頃の話とか、キャンベルの友人の話とかをしたらどんどんどんどん時間は過ぎて行き、じゃあねと別れてから僕は徒歩で帰宅。

なっかなか酔っていたのに、よーしここは一発、帰ってから酒飲んだるかと近くのセブンに行って炭酸水とつまみを買い、帰ってパソコンで「バイプレイヤーズ」を観ながら酒を飲んでいたら予想以上に酔っ払っていることに気付き、そのままうへぇと言いながら布団に入ってなんかすごい長く寝てた。

本日そこそこ胸焼け。

早めに布団に入って、夏目漱石の短編でも読むべかな。

2018 © yamadakazufumi.com All rights reserved.