美唄の革職人のブログ

北海道美唄市で革製品と陶芸と写真を撮って暮らしてます

フィルムカメラのブログ 美容師 シザーケース

服装をどっち側にするか未だ迷う

f:id:yamadakazufumi:20180121203349j:plain

服装ってのは大事である。
そんなもん言わずもがなとても大切なもんです。

一年くらい前までは、ヒゲも髪も長かったし、なんだかどしどし世間一般と離れたいみたいな欲求があって、ヒッピーのような、そして巨匠ぶってるような恰好をしていたんだけど(どういう説明だこれ)、今のように短髪にしてヒゲを無くすとどうにもそれがしっくりこなくて、もう少しフォーマルだけどちょっと崩して着たいようなそんな感じが今自分の中で流行しているわけです。

一応、物を作る人間として、服装が格好悪いとこいつセンスねぇなとなってしまうと思うし、僕としてはずっとジャージを着ている人間が作るものなんて、正直全然欲しくない。

で、やっぱりどうすっかな、今は冬だからもこもこした格好になってしまうけど、夏はどんな格好するかなぁと今からそんなことを考えて、結果的に俺に洋裁の知識があれば服とか作れるのになぁって思う。

革製品を作って暮らしていると、なぜか割と「服も作れるんでしょ」っていうようなイメージを持たれることがあるけど、いやいや全然洋裁やる人たちの知識と技術ってのはとてもすごくて、革職人とは全く違う業種なわけです。
第一僕は型紙を作るのもマチ針を使うのも凄く苦手なので、パンツを買って自分で裾上げするときなんて、面倒だからゴム糊で仮留めをしてそのままミシンでおりゃーと縫います。

そんなわけで僕はまた、どんな服着るかなぁって思いながら古着屋とか無印とかに行き(僕は大抵そのどっちかでしか服を買わない)あぁでもないこうでもないと頭を悩ませて、結果的になぜか着るシーンが限られるだろこれってものを買ってしまって、やっちまったよ、俺ったらほんとそういうお茶目なところあるよなと自分を慰め、そして結局ちぐはぐな服装と日々を過ごしていくんじゃなかろうかと思う次第でおます。

2018 © yamadakazufumi.com All rights reserved.