美唄で物を作って暮らしてます

北海道美唄市在住の革職人のブログ

【PR】僕がやっているお店 ⇒ オーダーメイドの革製品の店 アリノハネ

陶器が完成

レンジファインダーと一眼レフの違い。あと、爪切りが無い

f:id:yamadakazufumi:20180202093957j:plain

レンジファインダーと一眼レフの違い

「レンジファインダー」と呼ばれるカメラがあって、「一眼レフとどう違うの?」って思うかもしれませんが、単純に書くと「一眼レフはレンズから見える景色がそのまま見えて、レンジファインダーはカメラの穴から外を覗く」と書けば良いのか、もしくは「一眼レフはレンズから入ってきた映像を、カメラ内部に入っている鏡で反射させてそれを見て撮り、レンジファインダーは鏡が無いのでカメラの穴から見た景色しか見えない」なのか。

ふむ。自分で書き出しておきながら、上手いこと説明できないというこのもどかしさよ。

上の写真は僕が以前使っていたライカのM6。
レンズはズミタールとズミクロンの40mm。
ライカは一眼レフもあるにはあるけど、基本はレンジファインダーと呼ばれるカメラがメイン。

そして一眼レフはミラーが入っていて、それがシャッターを切った瞬間に上に跳ね上がってレンズから入った映像をフィルムに焼き付けるんだけど、レンジファインダーはミラーアップが無いのですっごい静かにシャッターを切れるわけです。

うーん、この記事、ここまで書いたけど説明になっていない気がする。
とりあえず「レンジファインダーって音が静かなんだ。へぇ」で良いと思います。
なので撮影の仕事などでレンジファインダーを使ったりすると、相手にシャッター音が聞こえないってことが多々あり、「え? 撮ったの?」ってよく言われるので、割と僕はわざと一眼レフを使ったりしてました。

爪切りをいつも買い忘れる

「生活必需品」っていう言葉ってなんだか難しいもので、それは一般的に言う「生活に必需な品」なのか、それともどっかの政府みたいな人が選定したものなのかよくわからないけれど、その生活必需品の中には多分「爪切り」も入っているんじゃなかろうかと思うのです。

ただ、100均とかでも爪切りは売っているんだろうけど、多分刃があまり良く無くて変な切れ方しちゃうんじゃないだろうかと思って、いつもの「買うものリスト」に入れずに買い物に出かけ、帰ってきてさぁ仕事すっかなと思ったときに自分の爪が伸びていることに気付くと、あちゃーとよく思っているわけです。

ただ、仕事柄僕は深爪な方だと思う。
指の先端から爪が出ないようにしているので、それが自分の中で当たり前になっているんだけど、それがちょっとでも出ていると気になってしまって、あー爪切りたいと思う。

で、そんなときに、というか爪切りが無いときにどうするかと言うと、これまた仕事柄なんだろうけど、僕が使うハサミは一応きちんとしたものなので、クラフト鋏を使ってまずは右手の爪を切ります(僕は左利きなので)

で、じゃあ左手の爪も切るか、と思って右手でハサミを持った段階で、「いやいや、これで左手を怪我したら元も子もないわ」と思って結果的に今、左手の爪が伸びてきてしまっています。

結論と致しましては、皆さまと同じ考えに今至りまして、本日爪切りを購入してくるでおます。

2018 © yamadakazufumi.com All rights reserved.