美唄で物を作って暮らしてます

北海道美唄市在住の革職人のブログ

【PR】僕がやっているお店 ⇒ オーダーメイドの革製品の店 アリノハネ

陶器が完成

丸くなる。解決方法がまたポンコツ

f:id:yamadakazufumi:20180206221419j:plain

「昔はやんちゃしたからなぁ。俺も丸くなったよ」っていうときに使う「丸くなる」じゃなくて、これはとっても「物体的に丸くなる」の話だ。

僕は時々思うんだけど、多くの人たちって一体どんな寝姿で寝ているんだろうってのが気になることがあって、さすがに大人になると天地が逆転しているような寝相の悪い人って多分いないだろうけど、割と寝相の悪い人はいるわけで、でもやっぱり限度ってものがある。

で、僕はと言うと前述の通り年齢的には大人に(ってかおっさんに)なっているので、ひどく寝相が悪いわけじゃなく、それなりに多分寝返りとかして寝てるんでしょう。

ただ、基本的なスペックとして、僕は寒がりの暑がりで、まぁよく布団をぶっ飛ばして寝ていることが多々あり、この2月の北海道というとっても暑さとは真逆の環境で、本当に夜に気温が下がった翌日の朝、部屋の温度を見たら【E(エラー)】って出ているので、部屋の中は氷点下になっていたりするわけです。

そんな日に限ってと言えば良いのか、僕は夜に布団をすっ飛ばしていて、夜中に(なんか…、寒い…)と思うと、冬眠中のリスみたいに布団の真ん中で球状になっていて、「うぅぅぅぅ」と言いながら布団を手繰り寄せて、その球状になった自分の体に掛けて僕はぶるぶるとしながらまた冬眠に入る、というのがこのところ多い気がしてます。

で、これを解消するには何をするのが最も良いのかを考えた結果、「寝袋で寝る」の一択なんじゃないのかと。

さすがにずっとストーブをつけておく、なんていう石油王みたいな考えにはならないので僕はきっと近々ホームセンターとかに寝袋を買いに行き、よっしこれで大丈夫だってなって寝袋に入って更に布団を掛けて寝るんだけど、寝袋って表面がツルツルしているので、布団を掛けてもすぐに雪崩みたいになって僕はただの寝袋おじさんへと変貌し、結果的にこの2月中、ずっと寒い寒い言いながら寝る場所をミスったリスのような暮らすんじゃないのかなと思うのは、きっと考え過ぎじゃないんだろなと思ってます。

2018 © yamadakazufumi.com All rights reserved.