美唄の革職人のブログ

北海道美唄市で革製品と陶芸と写真を撮って暮らしてます

うちの店⇒ アリノハネ
時々更新⇒ フィルムカメラのブログ

バランスを取るってのが一番難しい

岩見沢

「人生に必要なものは2つ。それは、バランスと小さな混沌だ」
この言葉は今僕が勝手に作ったものだ。でも、これを声に出してそれっぽく読むと、なぜか名言のように聞こえてくるから不思議なもんです。

あとはなんだろ。
「餃子作りにおいて必要なものは2つ。それは、サイズの合った鍋蓋とキッチンタイマーだ」ってのも良さそうだし、「可愛いな思える女の子の条件は2つ。それは、気遣いが出来ることと、怒ったら怖そうなところだ」でもいい。

ふむ。話を元に戻そう。
「バランス」についてだ。

どんなものにも絶妙なバランスってものがあるわけで、それは自分が作るものだけじゃなく、世の中にあるもの全てにバランスってものがあります。
そして、それはモノだけに留まらず、考え方や人との接し方、喋り方や挨拶など、とにかくなんでもどこにでも、バランスってものが存在するよなと思うんです。

例えば、例えばだけど、言葉の最初に「はい、」という言葉を付けるだけで、人間は一気に偉そうになれる。

つまり、「はい、おはよう」「はい、貯金」「はい、欲しがってた釣竿」、「はい、いいえ」、「はい、ごちそうさま」

うん、間違いない。やはり最初に「はい、」を付けるだけで人は一気に上から目線になれるのだ。

で、今日も仕事をしながらまたどうでもいいことをつらつらと考えていたら、色々と仕事へのバランスってものも凄く大事だよなと思っていて、つまり「自分が欲しいと思っているものを作るのか」それとも、「他の人が気に入ってくれそうなものを作るのか」っていう最終的にはその二択になると思うんだけど、結局いつもどこかそこで揺れてしまっている部分ってのは大なり小なりありまして、結果最後は「いや、自分の作りたいものを作るしかねぇべ」ってところに落ち着くわけです。

ただ、一つ大事だと思うのは、「自分が欲しいと思うものじゃないと、他の人はいらないと思う」っていう思い込みと共に、それを使う上での使い勝手を追及するだけだよなと次第でございます。

さてさて、そんなわけでこれからまた仕事しよ。

「僕の仕事に必要なものは2つ。それは、思い込みと考え抜いた使い勝手だ」

はい、仕事←でた

2018 © yamadakazufumi.com All rights reserved.