美唄の革職人のブログ

北海道美唄市で革製品と陶芸と写真を撮って暮らしてます

うちの店⇒ アリノハネ
時々更新⇒ フィルムカメラのブログ

踏ん切りがつくこと、つかないこと

f:id:yamadakazufumi:20180521212911j:plain

昨日、アベチャンからLINEが入って、内容は「裾上げでけへん?」だった。
「一応出来るよ。完全に自分流のやり方だけど、それでも良いならやるよ」と返した。

結果、彼は来た。カメラを持って。
「自分が働いてる姿の写真って無いやろ?撮ったるわ」と彼は自信満々な笑顔で言っていたけれど、彼はポンコツなので裾上げするデニムをそのまま履いて来る、という愚行をした為、僕に脱ぎたてホカホカなデニムを手渡してきたので、彼はその時、下はパンツと靴下だけだった。

でも、ありがとう、この写真使わせてもらいます。
ただ、僕の後ろにあるティッシュはどっかにすっ飛ばしてよ。

踏ん切り

「いよいよ」なんだと思う。
ずっと、心の中にあったけれど、それをするには相当な踏ん切りが必要で、「それは今じゃないよな、怖いもん」と避けて通ってきたけれど、今朝、ちょっとしたきっかけがあって、「よし、俺、やっぱりやることにしよう」と覚悟を決めようと思うんです。

やっぱりね、靴を作ろうと思います。
元々は靴職人の弟子として革のキャリアをスタートさせたんだけど、自分としてはどうしようかなと悩む部分もあったんだけど、やっぱりね、靴を作りたいなと。

ようやく大抵の革製品ならば、パッと見た感じ、イメージした感じでそれを作品として作れるようになってきたので、自分の気付かないうちにきっとスキルアップは出来ていると思うんです。

そんなわけで、うちのお店、色々とリニューアルの予定です。

詳細はまた後ほど、全て決まってからちょろりと書きまーす。

2018 © yamadakazufumi.com All rights reserved.