美唄の靴職人のブログ

北海道美唄市で靴とか革製品を作って暮らしてます。

うちの店⇒ アリノハネ

イタグレ(イタリアングレーハウンド)の幅広首輪

イタグレの幅広首輪

イタグレ(イタリアングレーハウンド)の幅広首輪

僕が独立したばかりの頃は、「犬の首輪の専門店」みたいな形で、稚拙ながら首輪を作って販売していたんだけど、その時知り合ったお客さんに「イタグレっていう犬種の犬がいるから、その犬種用の首輪を作ってみたらいいよ」とアドバイスをもらって、ふむじゃあやってみよ、と思って作ったらそれがなんとも結構売れまして、その後はうちの人気商品の一つになりました。

今はまだどうにか自分の中で「こんな感じのものにしよう」と思ったら、それを作れるようになったけど、最初の頃は何回も作り直してたのを急に思い出したりしました。

現在、少しずつ在庫を増やしているところ。
いろんなバリエーションがあった方が面白いですよねきっと。

姪っ子にお褒め頂く

昨日、午後から姉一家が住んでいる隣町の岩見沢に行ってきました。
駅に姉が迎えに来てくれてお邪魔してきたけど、姪っ子は旭川に来たときははしゃぐのに、僕が行くと急に照れてうねうねしてて、「メイ、遊ぶぞこのやろう」と言ったらうふふ、うふふふとなんか隠れたりしてました。

そんで、時間が経って慣れてきたら、みんなでトランプしようってことになり、姉とナナとメイと僕の4人でババ抜きやら神経衰弱やらなにやらをしていたんだけど、ここは一つ、「山田家のひょうきんなカズおじさん」としては、一発笑いを取って、帰るときに「えー、おじさん帰っちゃうのー?」って言わせなきゃいけないなということで、テンション上げて気持ち悪い顔をしながらゲームに興じていたわけですが、思いの外彼女らのツボにハマったらしく、キャッキャキャッキャと笑ってました。

で、それが進むにつれて変顔で気持ち悪い動作と屁で散々笑いを取った結果、妹のメイが「山田家の4人の兄妹の中では、まぁ、カズおじさんが一番面白いかな」とお褒めの言葉を頂戴しまして、「あ、これはこれは、ありがとうございます」と深々とお辞儀してきました。

その後、岩見沢のライブへ

その後、誘われていたライブに行って酒飲みながらメシを食いながらライブを見てきました。

やっぱりライブって良いなぁ、今度からまたいろんなライブ観に行こうとか思うようになり、あー、ギター欲しいな、チャンアベに一本借りたいな(チャンアベも昔バンドマンだった)とか思いながらも、いや、やっぱりまた左利き用のやつ買うかなとネットで金額とかを調べ始めているんですが、いやいやいかんいかん、僕のいつからかの勝手な思考として「それで食っていけるようになるようなものじゃないと、手を出さないようにする」っていう、全然趣味が増えない思考が働いて、このままギターに関しては聴きながら楽しむことにしよ、と一周回ったのが今の現在地。

天才バンドとか札幌に来ないかな。調べてみよ。

あー、そうだ。名刺作らなきゃってずっと思ってるんだった。
チャンアベにイラレ借りて作るかな。もう敢えて、手書きの名刺とかにしてみるのも面白そうだけどさ。

2018 © yamadakazufumi.com All rights reserved.