美唄の靴職人のブログ

北海道美唄市で靴とか革製品を作って暮らしてます。

うちの店⇒ アリノハネ

靴職人と名乗ってよし

f:id:yamadakazufumi:20180805133508j:plain

イメージって大切よね

「イメージ」ってのはとても大切なもので、財布やらバッグやらを作るとなった場合でも、最初は「なんとなくこんな感じにしよう」からスタートして、次に細部をある程度決めて行って、最終的に「こうしよう」ってものが固まるとそこからは割とスムーズに作業は進んだりします。

一応、革製品を作る仕事で独立をして12年とか経ち、「こんな感じの物作れる?」ってパッと見せられたときに、全てではないけどそこそこ早い段階で作り方のイメージが出来るので、「うん、大丈夫ー」と答えて注文を頂いたりします。

サンプルの靴を作った

で、昨日ちょっとお客さんに電話が繋がらず、ふむ、どうしたもんかと思ったときに、「よし、17年振りくらいに靴作るべ」と思い、とにかく耳折りとかは端折って一番シンプルな構造の靴を作ってみようとやってみたんですが、いやはやあれですね、ちょっと感動しましたわ。

「そっか。一応これまで自分なりに頑張ってきたけど、靴を作るのって想像していたものよりも全然難しいものじゃなかった」ということがわかったんです。

いや、もちろん靴作りだけをずっとやってきた人にこんなこと言うと怒られるのはわかっているんだけど、つまり「難しい」と思っていたイメージが「あ、俺出来るようになってた」っていうステップの大きさってのは、僕の中でとても大きな前進だったわけです。

靴のご注文、お待ちしています。

というわけで、もう大丈夫。
ここまで一人で出来るようになれば、あとは精度を高めるだけだと思うので、もう少しサンプルを増やし、すでに靴のご注文は4足ほど頂いていますが、ここから本格的に靴のご注文もお受けしていきます。
まだ靴作りに関してはブランクもあるけど、多分センスに関しては凄く良い方だと勝手に思っています(そうじゃなきゃやっていけない仕事なので)ので、靴、作らせてください。

あー、これでようやくゴールのスタート地点にたどり着けたようなそんな気分。

今日はバッグとかを作ります。

2018 © yamadakazufumi.com All rights reserved.