美唄の靴職人のブログ

北海道美唄市で靴とか革製品を作って暮らしてます。

うちの店⇒ アリノハネ

僕の髪が肩まで伸びて

f:id:yamadakazufumi:20180810161520j:plain

ハンバート・ハンバート

最近、仕事中は「ハンバート・ハンバート」か「踊ろうマチルダ」を聴いているんだけど、今日ハンバート・ハンバートがカバーしている、吉田拓郎の「結婚しようよ」が流れていて、なんとなーく歌詞を真剣に聞いてみたんです。

そしたらまぁ、多くの方が知っている曲なので今更あれなんだけど、ちょっと以下に記載。

僕の髪が肩までのびて
君と同じになったら
約束どおり町の教会で
結婚しようよ

これ、活字にしてきちんと読んでみると「なんだこれ?」っていう歌詞ですよね。

例えば僕だったら

で、自分に置き換えてみたんです。

例えば僕が、ボブで前髪パッツンの彼女がいて、「よぉーし、あの子と結婚するぞ。髪よ伸びろ伸びろ」と祈りに祈り、結果、↑の歌詞のようになったとしたら、町の教会で結婚式を挙げるわけです。

新婦はウェディングドレスで、可愛いボブに前髪ぱっつん。
そして新郎は、白いタキシードを来た、顔の濃い大木凡人みたいな僕。

 

 

つまり↓こんな感じ

 

f:id:yamadakazufumi:20180810163525j:plain

 

ただただ、気持ち悪い。

結果

で、これは一体何なのか。
なんで吉田拓郎はこんな歌詞の歌を作ったんだ?とね、調べてみたわけです。

結果、「なるほどね」と納得しました。
要するに、僕はその時代背景を知らなかったもんだから、とんでもない歌詞だなと思っていたんだけど、そういったメッセージというか、時代の流れを歌ったものだったんだなとわかって、ちょっとホッとしました。

で、今後の僕の髪型

で、今後の僕の髪型をどうしようか迷っています。
ただ、一つだけ世の中の全ての女性に忠告させて頂きたいんですが

「次、髪型どうしようかなぁ」

「前髪作ろうと思うんだけど、どう思う?」

「前髪切り過ぎたー!(←前髪を手で隠して)」

「髪切ったんだけど、気付いた?」

「ねぇ。髪の色変えたんだけど。もう少し明るめでも良かったかな?」

「髪伸びてきたから、切ろうかな」

「切った方が良いかな?」

「ねぇ、切った方が良い?」

 

上記のような質問を彼氏や旦那さんに訊くのはやめましょう。

みんなとても困っています。

2018 © yamadakazufumi.com All rights reserved.