フィルムカメラで嫁を撮る

フィルムカメラで嫁を撮る

エアコンの塗装と壁塗り。棚作り
棚を作る為の材木を買いに行ったら、今日は配達は無理なので明日の朝お届けしますねと言われたので、じゃあ今日はどうしよっかなと思っていたら、あぁじゃあエアコンの室外機がなかなかの古ぼけっぷりだったのでそれを塗装するべしと店に戻った。

ペンキでおりゃおりゃ塗るぜよーと一筆目を入れた瞬間、「あ」と声を出す。
ネットの部分があるから、こりゃスプレーでやるべきだったー へたこいたー! って思ったものの時すでに遅しなので、ひとまず塗れる部分は塗っていく。
そんでやっぱりこのままじゃいかんということで、白のスプレーを買ってきて再塗装。
写真は撮り忘れたので無いけど、とりあえずは誤魔化せた。


そしてこのペンキが乾くまで何しようかなと思ったんだけど、店の入り口上部に以前看板が貼ってあったらしき場所があるのを思い出し、アントニオに脚立を借りてまずはなんかゴムみたいな半透明なボンドをぺりぺりと剥がし、スチールウールで壁をこすって下準備完了。
一応ドアも養生しとくかと、近くの弁当屋に行って「おっちゃん、いらん新聞紙無い?」って訊いたら、これなんぼでも持って行っていいさと言ってもらえたので、ありがと、また弁当買いに来るわと言って新聞紙を大量にもらった。

そんでいろいろやったのが↓

エアコンの塗装と壁塗り。棚作り
多分わかると思うけど、新聞紙貼った上の部分がなんかムラだらけでしょ?
そこの部分にちょっとペンキを多めにして、塗るというよりも置くという感じで塗装。

そしたら遠くから見ればそこそこきれいになった。


エアコンの塗装と壁塗り。棚作り
このペンキ塗りをしていたときに、近所の人なのかわからんけど初めて見たおばちゃんが「これこれこれ」と言いながら近づいてきて、「これ、これをぐっと引っ張ったら全部取れるよ」と入口の向かって左側に垂れ下っている草を抜こうとしてくれて、「いやいやおばちゃん、これはこのままでいいや。なんかそんな邪魔に感じないし」と言い、ありゃーそうかいと言われて、うんありがとと返した。

あとは看板をどうしようかなと思っているんだけど、あまりその、「はい、いらっしゃいらっしゃい!! ジャンジャンバリバリ買ってってー!!」っていう店ってなんとなくピンと来なくて、どっちかと言えば「すみません、ここ、お店ですか?」って言われるくらいの方が良いなぁと思ってたりもして、あまり極端に目立たないような看板をこの脚立みたいな形で作ろうかなと検討中。

どうしよっかね。


あとは特にやることも無くなったので帰ろうかなと準備していたら、嫁と小鉄が登場。

あぁ、今帰ろうと思ってたんよと言い、みんなで帰宅。


その途中、なんか商店街でおっちゃんが歌ってて、それをみんなが熱心に聴いていた。

エアコンの塗装と壁塗り。棚作り
沖縄、なんか良いなぁと思う。

どうやら食べ物が僕らにすごく合っているようで、小食でお馴染みの嫁が以前の倍くらい食べるようになってる。
私、数年後には太るかなと言っていたけど、太ったら太ったでまたかわいいんじゃないと言った。


よし、そんなわけで本日は棚作り。
良い棚が出来ますように。
 
 

カウンターが完成。

カウンター完成。ポスト色塗り完了。棚作り
今のところ、これに柿渋を塗るかどうか検討中。
結構ぐらぐらしてて大丈夫かなと思ったけど、横の面にも木を打っていったらがっちりとしたものになったので良かった良かった。

裏はこんなの

カウンター完成。ポスト色塗り完了。棚作り
はりぼてっぽさが出てますね。
びんぼっちゃま君みたいな感じ。

そして嫁のポストの色塗りも完了。


カウンター完成。ポスト色塗り完了。棚作り
大変よろしい。

沖縄に着いてから一気に店作りを始めたので体がかなり疲れてて、昨日午後には帰宅。
昼寝して酒飲んで小鉄と遊んで寝たら、ようやくすっきりしました。


本日これからまたホームセンターに行って、棚の材料を買って配達してもらい、一人でせっせと棚作り。
明々後日には車が那覇に届くので、それまでに左右の棚を作ってしまえたらいいなぁと思っています。

あとはレジを先ほど購入。
他に必要なのは観葉植物と照明とテーブルとイス、といった感じになりそう。
僕は多分あまり在庫商品を作る時間が今年いっぱいは無理そうなので、このカウンターでオーダーメイドの打合せをさせてもらうような感じで、それ以外は注文の品作り。

嫁がまず最初になるべく簡単な革の小物を作って、それを店頭で売るっていう感じになるとは思うんだけど、僕らの店の前は人通りも少ないみたいだし、閉まってる店も結構多いので最初はすごく静かなスタートになるような気がします。
その間にレジの使い方を嫁に教えてもらお。


あと、関係ないけど、昨晩嫁と小鉄と買い物に行って僕が小鉄と外で待っていて、嫁が一人で酒とかを買いに行ったんだけど、レジに持って行ったら「免許証見せてください」と言われたらしい。ぷぷぷのぷ。

それと沖縄に住んでいる人たちは、本土から来た人に「沖縄って物価安いと思ってたでしょ? そんなことないよー」ってよく言うんだけど、スーパーとかに食料品を買いに行ったらやっぱり安いです。
あとは、沖縄の刺身っておいしくなさそうっていうイメージがあるかもしれんけど、 僕には十分です。
脂ののった魚が好きっていう人には淡泊に感じるかもしれんけど、あれくらいがちょうどいいなと思います。


そんなわけで引き続き店作り。

あぁ、店舗のホームページも作らにゃならん。
明日には店の電話が繋がるっぽいです。
 
 

そんなわけで昨日の続き。

床に色塗る
嫁がせっせとペンキ塗り係。
黒と茶色をブレンドした黒に近いブラウンのペンキを塗っていきます。 

ただ、あまり綺麗に塗ってしまうとムラが気になってしまったりするし、最初っから少し廃れた感を出したいなぁと思って敢えてルーズに塗ります。


床に色塗る
こんな風に。

僕の方の作業も終わったので、二人で左右に分かれて塗ります。
ただ、人には塗り方のくせみたいなものがあるので、左右が違ったままだと変な違和感が出そうなので、2mほど塗ったら左右を入れ替えてぬりぬり。

塗り終えてカウンター作り
塗り終えたら昼休み。

一度嫁は家に帰って小鉄の様子を見に行き、僕はそのままホームセンターに行ってカウンターを作るのに使う木を購入。

そういや作り方とか知らんなと思い、材木コーナーで紙とペンとメジャーを使って設計図みたいなのを作るものの、配達可能な時間が迫ってきたので、えぇいもういいやと適当に少し多めに購入して、卓上のあの、なんだっけ、木を切る工具も購入。

そして店に歩いて戻る。


ポストの色塗り
店に戻り、木が到着して搬入していたら嫁が家から戻ってきて、じゃあポストの色塗りお願いしますと伝えます。
壁に付いていたポストを外し、まずは金ブラシで簡単に汚れと錆を落とす。

嫁はポスト塗りに関しては権威で、今まで住んだ家にこういうポストがあった場合には全て嫁が塗装していたので、今回もすらすらと塗ります。

現在、塗り終えたのを乾燥中。

店のカウンター作り
色々と端折るけど、すごく頑張ってカウンターっぽいものを作る。

店のカウンター作り
なんとなくそれっぽいものになった。

まだまだハリボテ状態なので、本日細かい部分の仕上げと補強する点に釘を打つ。
ご来店される方は、くれぐれもこれに体重を掛けない方向でお願いします。品質に多少の難ありですきっと。


話は飛ぶけど、やっぱり沖縄は外国人が多くてとても良い。
特に僕らの店の周りは外人が多いような気がしていて、昨日3軒くらい隣の日系三世のアントニオと知り合った。

どうやらそこは市から委託されたところみたいで、無料で英語とスペイン語と中国語を習えるよと言われ、あぁじゃあ行く行くと言った。

中国語は今のところ良いとして、英語とスペイン語は行きたいぜよと嫁と盛り上がる。
アントニオはあまちゃんの先生役として出ていた、皆川猿時にちょっと似てる。
22歳くらいのときにペルーから日本に来て、そのときまで日本語は全く話せなかったらしいんだけど、現在は綺麗な沖縄弁。そういう人は結構いるみたいで、今後が楽しみ。

現在、僕は完全な筋肉痛。

店からホームセンターまで往復7キロくらいあって、昨日は1往復半くらいしたから10キロ以上は歩いてるっぽい。
おかげでダイエットするつもりじゃないのに痩せてきてる。暑いから食欲もそんな無いし。


そんなわけで今日はカウンターの仕上げ。
嫁は本日洗濯機が届くので洗濯嫁になります。
 

↑このページのトップヘ