フィルムカメラで嫁を撮る

フィルムカメラで嫁を撮る

沖縄到着
そんなわけで、沖縄に到着しました。
不動産屋さんが気を利かせてくれて、すぐに電気が使えるようにしてくれていたんだけど、「じゃあまず風呂入ろうかな」と言ったら、「あー、ガスのこと忘れてたさー」となりまして、本日午後からガスが使えるみたいさ。

小鉄は人生初の飛行機に乗り、嫁は人生初の沖縄入り。
いろんな初めてがあるというのは良いもんですね。


先ほど、転入届を出し、琉球銀行に口座を開設して、店のカギももらったのであとは店の内装作り。
ただ、車が到着するのが一週間後になるので、それまでは徒歩でうろうろしながらホームセンターと店との往復をすることになりそうです。

住まいの場所はとても都会。今まで住んだ中で最も都会。
両隣の部屋にお菓子を持って挨拶に行ったら、綺麗な女性の一人暮らし&若いさわやかな男性の一人暮らしで、なんとも環境的にも申し分ないです。

ちょっとこれから数日は、バックナンバーの更新をせずに日記のような感じでお届けします。
あと、店は思っていた以上にボロだったので、それをどうにか補修してなんとかやれるレベルにします。

まずはこれから床作り。
フローリングにしようと思っていたんだけど、そうじゃなくてクッションマットを一度すべて剥がしてその上に直接色を塗る方向にしました。年月が経てばきっと良い感じになってくれるはず。 


あ、あとは店の進捗もなるべく写真を撮っていこうと思うので、それをちまちま更新するかもしれません。

そんなわけで、よろしくさ。
今月中に店を仕上げるさ。

でぇ~じ ゆいまーるさー。知ってる沖縄の言葉を並べてるさー、なんくるないので、はいさいさ。



じゃあそんなわけで、めんそーれ(←懲りない) 
 

嫁の部屋
実家ってのは良いもんだなぁと思う。
嫁が昔過ごしていた部屋があるってのも、なんか妙に嬉しい。

毎日嫁を撮っていると、数年前の写真を見返してみたりするという行為も結構頻繁にあったりして、そういう記録としての写真を撮っているということはとても良いことだと思う。

優れた写真なんかは撮れんけど、記録として残る写真を撮り続けることが出来るってのはそれも一つの才能だと思います。

なので今後も続けたいなと思うんですたい。
 

なおちゃんたち
なおちゃんたちが倉敷の家に遊びに来てくれた。
人好きな小鉄はやっぱり喜び、コウヤとも仲良くしてたけどコウヤはその頃小鉄が苦手だった。 
 

↑このページのトップヘ