山田家

山田家

ヌメ革の財布フェア
Facebookの方では告知させてもらっているんですが、こちらでもたまには仕事の告知をしても怒られないよねということで、財布フェアの告知でございます。

本日7月7日~今月末の7月31日まで「ジュリーの財布フェア」と題して、ヌメ革の長財布を定額で作りますよーという企画を始めました。
今回、全てジュリーが一人で作ることになり、まだ多少は不慣れなところももしかしたらあるかもしれませんが、手先が器用というのはもちろんだけど、プロ意識の高い人なのできちんと丁寧に一つ一つ作っています。

そんなわけで、ジュリーが作る長財布、ちょっくら買ってみっかーという方がいらっしゃったら、こちらのリンクからご注文頂けると僕らはうほほと盛り上がります。

まだ現状で確定ではないですが、近々「ピラエちゃんのトートバッグフェア」みたいなものもやったら良いんじゃないかねという話も出ていて、しばらくは二人がその仕事だけをわしゃわしゃーっとやっていく感じにするのも良いかなと思っていますので、もしよろしければご検討ください。

⇒ ヌメ革の長財布フェア

怒られる
昨晩の我が家。

小鉄は僕の場所で寝そべり、コバチは嫁の太ももの上で丸くなり、嫁はご覧の通りです。
今パソコンで現像していて嫁に「この写真、載せていいよね?」と訊いたら、「こんなのダメに決まってるじゃん」とのご返答。

「またまたー。でも、本当は載ーせーてーもー?」
「だめ」

「…。 さきちゃんよ」
「なぁに」

「このブログのタイトルは?」
「『山田家』でしょ」

「うん、その山田家。ここは山田家。それなのに普段の山田家の写真は載せちゃいけないと」
「いいけど、この写真はちょっとあれじゃん」

「じゃああれかい。さきちゃんが上目づかいして口を変な形にして尖がらせて、やばーいとか言ってそうな写真とか載せたらいい?」
「それは気持ち悪いもん」


「よしよし、ってことは?」
「…。」


「載せてもー?」


「良いよもう…。でももう少し暗くして、あと、モノクロにして」



というわけで掲載でございます。

こういうのを無断で載せると怒られます。
それを結婚して5年でようやくどの写真はダメでどの写真はギリOKがわかってきた気がします。 

写真やってて良かったこと
「写真やってて良かったこと」って何があるかなと考えてみたら、今のところ「写真やって悪かったこと」はほぼ見つからないので、多分良いことだらけなんだと思う。

一昨日だったか、flickerにイイネみたいなのが付いて、その人の写真を見ていたら外人さんなんだけど沖縄に住んでいて、写真を見るとどうやら軍人さんらしかった。

なのでおぉ、これはちょっとコンタクト取ってみようとコメントを書いたら、その人は北谷に住んでいる人で、僕の方から「今度一緒に撮影行きましょう」って誘ったら、わぉぜひぜひだぜーって言ってくれて、あぁ写真やってて良かったなぁと思いました。

僕らのように知らない土地をぐるぐる回って暮らしていると、そういった自分の好きなことを同じように好きで楽しんでいる人とはすぐに仲良くなれるし、 今回のその軍人さんも周りにはアメリカ人の友達は沢山いるだろうけど、なかなかノーマルな日本人と何かやりとりする機会ってのは少ないと思うので、お互いに良かったなぁって思っていたらいいなぁと思ったりもします。


今日、仕事を終えて一人でジョギング。
色々と考えなきゃいけないときってどうにも頭が混乱してしまうけど、僕みたいなタイプはある程度体にダメージを与えると割と冷静に物事を考えやすくなるようで、あぁスッキリしたなぁと今こうしてブログを書き、これからまたわしゃわしゃと仕事をしようと思います。

小鉄とコバチは現在布団で一緒に寝てる。
ずっと猫アレルギーだと思って猫を避けてたけど、ほぼ全然大丈夫なので猫の良さが身に染みる。
そりゃ猫好きな人ってあんなに猫を愛するわ。だって可愛いもん。

無論、元々大好きな犬も大変めんこい。


犬派、猫派なんてものは我が家には無いっす。
どっちも同じように可愛い。

↑このページのトップヘ